パラダイム変換

急遽、時間が空いたので7日を埋めたいと思います。
埋めようとしていた方、すみません。

今年、『7つの習慣』を使って研修をやったり、
自分の行動を見直したり行っていて
いろんな人にパラダイム変換の事を説明してきました。
なかなかわかりにくい事項なのかもしれないので
パラダイム変換を体験できるネタを紹介したいと思います。

皆さんは『鳥獣戯画絵巻』というものをご存知でしょうか。
日本最古の漫画とも言われていれ様々な動物達が描かれています。
国語や社会の資料集とかで小学校で見たことがあるのではないでしょうか。
ちなみに4月から東京国立博物館でも展示が行われる予定です。

http://www.chojugiga2015.jp/

パラダイム変換体験のために、Wikiにのっている絵を見てどう思うか考えて見てください。
<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E7%8D%A3%E4%BA%BA%E7%89%A9%E6%88%AF%E7%94%BB>

どうですか?

・その時代の様々な様子が描かれている
・動物がいっぱい居てかわいいな
・墨絵だから渋い
・動物が気持ち悪い etc…

こんな感想を抱くのではないでしょうか。

さて、ここからが本題です。
私は、美術鑑賞をするような芸術的な視点は持ち合わせていないのですが
「美術的な(変な)視点の持ち主にはこう見えるんだ!」というものがあるので紹介します。

NHKの子供番組なのですが、甥っ子と姪っ子が大好きで録画を見させられた時に衝撃を受けました。
こんな見方ができるのか(!_!)/

ほかにも様々な美術品を紹介しているので「面白い!」と思った人はぜひ他も見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>